有料老人ホームを選ぶポイント

少子高齢化社会のため、有料老人ホームの必要性はますます増し、施設の数も増えています。
有料老人ホームにはいくつかの種類があります。
介護士によるサポートを受けながら生活する介護付きのもの、ご老人たちが共同生活をする形式のもの、自立生活のサポートを受けながら生活する健康型有料老人ホーム、などです。

認知症を発症している方は、介護付きの施設に入居することになります。
介護士のサポートを受けられるため、排泄や食事を自力でできない方も入居でき、施設の数も豊富で、入居条件もそう厳しくはない施設が多いです。

介護士は、職員として施設側に雇われているケースと、外注のサービスとして勤務している場合の二通りがあります。

Reuters情報を多数ご用意したサイトです。

外注している施設の場合、料金は割高傾向にあります。
また、施設利用料金には、介護保険も適用されます。

共同生活形式のホームは、民間事業が運営しています。



同世代の方との交流や、職員によるレクリエーションなどで痴呆症、身体機能の衰えを防ぐケアを受けることができます。料金は全体的に割高であり、受けるサービスの種類に拠って増額していきます。

有料老人ホーム情報を集めたサイトです。

健康型有料老人ホームは、家事などを施設職員に行なってもらいながら、シニアライフを満喫するための施設です。

図書館やジム、園芸場など様々なレクリエーション施設が併設されているため、医療、介護のためというよりは、老後を充実させるための施設という側面が強いです。

痴呆症や、重病など、介助なしの生活が困難になった場合、退去させられます。